03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■2016-10月 ラノベ/漫画 読了

2016.10.31 23:29|感想

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (10) (電撃文庫) 著:宇野朴人
●イクタの復活をジャンとの対決で演出という、まさに完璧なお膳立ての下で描かれるのがニクい。そしてとりあえずの痛み分け的決着が彼ららしい展開で。ハロの問題も良い積み重ねがあってこそだったな。個人的にはスーヤにもフォローがちゃんとあって良かった。
●あと、イグセムのお父さんにもいろいろあっただろうに、復活の戦場では絶対敵切り刻むマンとしか出番が無かったのに笑ったw


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア 4巻 著: 大森藤ノ, 矢樹貴
●やはり本編では見られないキャラたちのアクションが見れるのは楽しい。フィン団長の貫禄の強さとかは納得の勇者っぷり。アイズさん出生の謎は引っ張る感じで、うーん、といったところ。レベル6への過程は本編の補完でもありこちらのメインでもあり、良いリンク。


監獄学園(18) (ヤングマガジンコミックス) 著:平本アキラ
●こんな話で1巻分繋げられるのほんと頭おかしいw 個人的には久しぶりに杏さんが出番多くて良かった。 学園長の件とか一体何の意味があるのかと思うが、何かあるんだろうなあ。


ディメンション W 7巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER) 著:岩原裕二
●シリーズ通しての伏線が徐々に明らかになっていく展開。丁寧だがちょっと説明回でもあって話の長さを感じる。またアニメでは省かれていた裏世界の保険屋という存在が、別方向から作品世界の広がりを見せていて驚かせる。悪役たちが各々暗躍する展開は一筋縄ではいかない。


ディメンションW(8) (ヤングガンガンコミックススーパー) 著:岩原裕二
 


亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) 著:ペトス
●デュラハンの身体の謎とかをSFチックに講義したり、どうでもよさそうなことにもしっかり切り込んで行く幅の広さ。でも基本は皆良い子たちの日常。デミちゃん達以外のクラスメートの登場というのもまた、作品の幅が広がる展開で好き。小鳥遊姉妹の仲の良さにほっこりさせられるし、雪ちゃんは斜め上で笑わせてくれるしw


ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 8 (アルファポリスCOMICS) 著:柳内 たくみ, 竿尾悟
●ゾルザルクーデターと、ヤオさん受難篇。クーデターというか、ゾルザルの内面はさすがにアニメよりかは詳しく描かれていたかな。ダメっぷりはアレだけど。その他、制服組や貴族らさんとのやり取りにより掘り下げも良い。ヤオの心情に迫る迷宮探索も、ヒロインたちが増えてきただけにこういうキャラ立ても必要だし、わだかまり解消という王道展開。でもヤオさん不幸っぷりが似合うなー(笑


 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■2016-9月 ラノベ/漫画 読了

2016.09.30 23:16|感想

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア 3巻 著: 大森藤ノ, 矢樹貴
●変わらずロキファミリアの複数視点で話を進める展開で、魅力的なキャラを余さず見せてくれるから楽しい。アイズに関していよいよ核心に触れるようなワードが出てきたけど、脇を固めるメンツの頼もしさが鉄板。そしてそれを納得させる描写の積み重ねが盛り上げる。
●あと絵的なことで、女性陣のおっぱい描写が好みだなー、って特に思うこの作品、っていうかこの作者さんw


ディメンション W 5巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER)著:岩原裕二
●イースター島編スタート。大体アニメの通りの流れに。キョーマの過去と関係者が一気に明かされて、この辺、コイルに関わらない部分は割とシンプルなのよね。あと、博士の家族殺害犯はアニメで特に触れられてなかったけど、何かあるようで。


ディメンション W 6巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER) 著:岩原裕二
●集められた回収屋たちが、ちゃんと実力者として描かれるのがワクワクするんだよなあ。それぞれ個性的で、謎の島で主人公一行とは違うドラマがあるだろうと思わせてくれるのが上手くて。アニメでは未登場の少年とか、セドリック隊長の意地とか、どうなるかも見もの。
●キャラが多くなって、メインヒロインさんの出番が減り気味だけど、ちょいちょい見せる格好とかセリフとか、ミラの可愛さは相変わらずで癒される。ボソっと優しくされたいミラさんの呟き、堪りませんね。
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■2016-8月 ラノベ/漫画 読了

2016.08.31 17:21|感想

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 (GA文庫) 著:大森 藤ノ
●モンスターの「異端児」たちを巡る騒動に一段落。でも根本的な問題は解決せず。むしろここからがクライマックスの序章のような、重くシリアスな方向へ。簡単な解決ではなく、ダンジョン、オラリオ、ギルドとここまで描かれた世界観と多様なキャラを存分に活かした展開が待ち遠しい。
● あと、蘇生魔法は賛否あるかもしれないけど、そもそもあれだけド派手に戦って、人間もモンスターも結局死者は悪党だけ?で他は怪我人のみなほうが不自然すぎる気がする(笑


魔弾の王と戦姫(ヴァナディース) (14) (MF文庫J) 著:川口士
●ムオジネル軍を撃退し決着。うーん、都まで攻めれれての大規模戦闘という割にはいまいち盛り上がりに欠ける。丁寧だが淡々とした展開というのがね。敵も身内の事情での撤退だったし、全体的に予定調和的な。話の肝はティグルの嫁、愛妾選びになってきたような気がするw


あきない世傳 金と銀 源流篇 (時代小説文庫) 著:高田郁
●久しぶりに時代小説。苦境の反物屋で新入りの女衆の一人でしかない幸がどう成長していくか。時代も時代だけど舞台が大阪で、興味深い背景もしっかりで読んでて楽しい。頼りにならん男共を引っ張っていけるのか、商いの道と人間関係、どっちも先が興味深いシリーズ。


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア(2) (ガンガンコミックスJOKER) 著: 大森藤ノ, 矢樹貴
●アイズの追い求めるものと心根に触れつつ、可愛いどころを直球で可愛く描くという漫画ならではのバランスが良い感じで。個人的にはロキの表情変化が一番好き。彼女は立ち位置からして本編から地味に良いキャラだと思ってる、美味しい立ち位置のキャラだよなあ。 本編とは違うキナ臭さも漂わせ、並行して楽しめる事件性に期待。


ディメンション W 4巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER) 著:岩原裕二
●やっぱりアニメより分かりやすく解説されてるね。まあSFとしてナンバーズが規格外に凄い、ってことに終始するわけだけどw にしてもやっぱりホラー謎解きのテイストで結局SFやってる構成の面白さに群像劇レベルに各キャラの思惑や伏線まであって、凄まじい。


監獄学園(17) (ヤングマガジンコミックス) 著:平本アキラ
●裏会長さんもようやく脱獄。ブラフ作戦はミエミエだったけど、ケイトのクレイジーさと万里の真面目な心理戦が紙一重な感じで成立しているのが凄い。いや、何を褒めているうのかよく分からないがとりあえず凄いw


ジョジョの奇妙な冒険 (45) (ジャンプ・コミックス) 著:荒木飛呂彦

ジョジョの奇妙な冒険 (46) (ジャンプ・コミックス) 著:荒木飛呂彦

ジョジョの奇妙な冒険 (47) (ジャンプ・コミックス) 著:荒木飛呂彦
●第四部完結。やはりキラークイーン バイツァダストは面白いな。正直、正確なところはどうなってるのかよく分からないくらいの時間逆行というSF要素。強すぎて最終対決では使えず、猫の空気爆弾で戦うという図はちょっと笑ってしまうのだが。ただ、ここからもう一粘りあるかと思うくらいの思い出だったけど、決着自体はちょっとあっけなかったかもしれない。連載中の思い出はちょっと吉良贔屓で記憶に残っていたようだ(笑

ringa.jpg
リンガフランカ!! (MUJIN COMICS) 著:赤月みゅうと
●壮大なSFエロ漫画。ハーレムで逆レイプで恋愛要素と盛りだくさん。
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■2016-7月 ラノベ/漫画 読了

2016.07.31 23:53|感想

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンIX<天鏡のアルデラミン> (電撃文庫) 著:宇野朴人
●キオカの暗躍。ハロの正体、マシューとジャンの対決、といろいろあったけど、内容的にはイクタ復活回上巻といった感じ。下巻でやる復活劇のお膳立てというか。何にせよ主人公不在が続かなくて良かったと思うのと同時に、おっさん勢の復活は地味に嬉しい。 著:宇野 朴人


ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン<天鏡のアルデラミン> (電撃文庫) 著:宇野朴人
●再読。 →感想


ディメンション W 3巻 著:岩原裕二
●八十神編。SFでありホラーテイスト。でもホラーの皮を被ってもちゃんとSFに上手く見せているのがさすがだなあ、と。ナンバーズという超常のコイルの力、行き過ぎた科学の力は魔法と区別がつかないというのを文字通りやっている気がするね。もちろんアニメより情報量が多いので、特にミラが情報とともに過去にアクセスする件はアニメより分かりやすかった。解決編でも、どういう解説がなされるか楽しみ。


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア 1巻 著:矢樹貴
●ダンまち番外編。アニメであまり映像が見られなかった面々の絵が見られるので、本編での想像の助けになるなあ。それだけでもちょっと手を伸ばしてみた甲斐があった、かな。本編でチラとしか登場市内キャラの名前と顔を覚えるのにも役立つ。ちょっとキャラが幼目に描かれているとは思うけど、可愛さと上手さがあるから、そんなに不満でもなく。内容は今後次第?


ゲート 7―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり (アルファポリスCOMICS) 著:柳内 たくみ, 竿尾悟
●炎龍編終了。ダークエルフたちのやられっぷりがアニメより(当たり前だが)描写に力が入ってるぅw まさに死屍累々。アニメになかった自衛隊救援の行軍が少し入ってたりするけど、大体アクションメインな巻。あとは伊丹の母親へのフォローがさりげなく入ってたり、そういう設定忘れてたなw



ジョジョの奇妙な冒険 (40) (ジャンプ・コミックス) 著:荒木飛呂彦


ジョジョの奇妙な冒険 (41) (ジャンプ・コミックス) 著:荒木飛呂彦


ジョジョの奇妙な冒険 (42) (ジャンプ・コミックス) 著:荒木飛呂彦


ジョジョの奇妙な冒険 (43) (ジャンプ・コミックス) 著:荒木飛呂彦


ジョジョの奇妙な冒険 (44) (ジャンプ・コミックス) 著:荒木飛呂彦



●この辺も覚えてるのと忘れてるやつの差が激しいなぁ。鉄塔男なんかは戦いの舞台がインパクトあってよく覚えてたけど、ハイウェイスターとかジャンケン小僧、エニグマなんかは完全に忘れてたな。宇宙人、猫は読んで思い出したけど。吉良と奥さんの関係がどうなるか、とかもうろ覚え。でも、吉良サイドも描くことでじわじわ物語が進んでいるのが分かるのが面白い。


とろくちずむ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL) 著:智弘カイ
●最近のオーソドックスなエロ本という感じで。最初のお姉さんみたいなノリの話は好きだったかな。シチュエーション的にはちょっと変なパターンもあったりするけど、エロの内容は普通。

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■2016-6月 ラノベ/漫画 読了

2016.06.30 23:18|感想

江ノ島西浦写真館 著:三上 延
●物語は丁寧だと思うけど、面白いかと言われると、ちょっとな。雰囲気の暗さというか物語の重さはさすがに青春ミステリとは言い難いほどビターで、肌に合わなかったな。


オーバーロード10 謀略の統治者 著:丸山くがね


ディメンション W 2巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックスSUPER) 著:岩原 裕二
●アニメ版3話、ミラの首が取れちゃいました、の話。子供達のいたずら心を隠れ蓑にした犯罪計画と、作品世界内におけるスコアの設定。勉強の成績や行動を数値やセンサーで徹底管理した世界というのが実に近未来世界っぽい(悪く言えば有りがちな)設定で、それを利用した犯罪など、分かりやすくもSFらしい内容で、キョーマさんの腕の良さも伝わる序盤に相応しいお話。アニメでははこういう事件の積み重ねで探偵ものみたいな内容になるのかと思っていたから、アニメでこの話が省かれていたのは残念だな。
●そういえば、ポンコツロボと言われていたシーンはアニメオリジナルだったようだけど、まさかこれは中の人のおかげで生まれ(ry


ふらいんぐうぃっち(4) (週刊少年マガジンコミックス)
●ただ何気ない日常を送っていただけ、ということが大事なことと、魔女の先輩に報告する様子が実にこの漫画らしくい。人間関係とか、何だかんだ成長している、というのも大袈裟だけど、ちゃんと積み重ねが人との繋がりで感じられるのがいい。今回は犬養さんとの深夜ドライブぐらいでこの作品的には非日常感すら感じるし、浜辺のハマベーの意外性で驚かされるし。相変わらずほんのちょっとのワクワクだけでもたのしませてくれる。


ジョジョの奇妙な冒険 (37) (ジャンプ・コミックス) 著:荒木 飛呂彦

ジョジョの奇妙な冒険 (38) (ジャンプ・コミックス) 著:荒木 飛呂彦

ジョジョの奇妙な冒険 (39) (ジャンプ・コミックス) 著:荒木 飛呂彦
●吉良吉影が本格的に登場。連載中に読んでいた当時、少年心に悪役が正義の味方から逃げおおせることで勝利を掴むということに非常にインパクトを覚えた記憶。凄いやつが現れたもんだとある意味心躍ったよね。シンデレラさんとかはまったく忘れていたけど(笑)。

titima.jpg
ちちまつり (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
●絵はねっとりむっちりしてるけど、寝取られシチュエーション的にはそんなに深みにハマりすぎないところまで。ツボは抑えつつ広く浅くという感じ。旦那のために上司と、ってのが、ダイジェスト的でも過程で妄想できるのが王道で好き。
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。