09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■2017-4月 ラノベ/漫画 読了

2017.04.30 19:36|感想

進撃の巨人(22) (週刊少年マガジンコミックス) 著:諫山創



進撃の巨人 LOST GIRLS(2) (講談社コミックス) 著:不二涼介, 瀬古浩司


はねバド!(2) (アフタヌーンコミックス) 著:濱田浩輔


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア (6) (ガンガンコミックスJOKER) 著: 大森藤ノ, 矢樹貴
●徐々に見えてきた”敵”の姿。教信者はこれだから始末に負えない。ダン街本編以上に過酷な戦闘で襲い来る絶望の戦闘。ベートの登場で戦闘はさらに激しいもになるか。アスフィ率いるヘルメスファミリアの団結が魅力的に描かれているだけに、戦いに行方以上に安否が気になる。
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■2017-3月 ラノベ/漫画 読了

2017.03.31 22:05|感想

花魁さんと書道ガール2 (創元推理文庫) 著:瀬那和章
●春風さんとの出会いと別れ、ガクとの恋、書道に向き買う姿、様々な経験を通じて多摩子の成長が爽やかに描かれた2巻だった。恋バナが題材というより、春風さんとの友情とかを見ていると、多摩子の青春ストーリーという感じだったなぁ。


ふんわり穴子天―居酒屋ぜんや (時代小説文庫) 著:坂井希久子
●シリーズ2作目。お話的に特段大きな進展はないものの、前作では垣間見えなかったお妙さんの、亡き良人に対する未だ残る想いと、この時代に生きる女性の大変さを垣間見る。只次郎はもっと奮起しないとだめだなあ(笑
●他には、新キャラ柳井殿の登場や升川屋さんのお志乃さんにおめでたなど、まわりの人間関係な着実な変化があったりで、世界観の広がりは増す。お妙さんの妾問題にも伏線は仕込まれたりで、次巻への溜めもばっちり。
●料理は個人的に鮎料理が気になったなあ。近くに鮎に馴染み深い川があるので、いつかは美味しい鮎料理食べてみたい。


ディメンション W(9) (ヤングガンガンコミックススーパー) 著:岩原裕二


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア 5巻 著: 大森藤ノ, 矢樹貴
●様々な勢力の思惑が交錯しつつ、ダンジョン内での大量発生の謎にまさかのアスフィらヘルメスファミリアの登場や、新キャラエルフの登場で盛り上がる。相変わらずキャラが可愛くかつアクションの格好良さも余すことなく描かれていて、ストーリー以外の部分でも満足度が高いなぁ。アスフィさんの有能っぷりが見れて堪りませんよ。


新米姉妹のふたりごはん2<新米姉妹のふたりごはん> (電撃コミックスNEXT) 著:柊ゆたか
●お弁当作りでますます仲良くなっていく様子がいいなあ。お姉ちゃんの料理スキルも徐々にレベルアップ、努力がみられるのもいい感じで。料理もいいけどやっぱりふたりのキャラが可愛くて好き。


はるかなレシーブ 1巻 (まんがタイムKRコミックス) 著:如意自在
  

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■2017-2月 ラノベ/漫画 読了

2017.02.28 23:34|感想

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI (電撃文庫)著:宇野朴人
●新キャラ、主にヴァッキェの活躍でまさに新展開。と同時にシャミーユにとっても重要な話でもあり二人の出会いがよきものになる事を願わずにはいられない。他、次なる戦いに備えての人事、戦術、兵器、人間関係と様々な準備かつ伏線回でもあり、この丁寧さが堪らない。
●戦闘がなく内政モード一色でも、各キャラがきちんと仕事をしている描写が説得力を生むから退屈にもならないし楽しい、そしてキャラ個性の面白さがあるから面白い。それも騎士団の面々以外のキャラがいっぱいね。キャラが皆愛されてるよ。
●ハロへの仕打ちは何とも言えないが、イクタが騎士団の面々とその他をビシっと一本線引きしつつ、そこを綺麗事で誤魔化さない、嘘でも何でも手段は選ばないと一貫しているから、納得なんだよなあ。


覇剣の皇姫アルティーナ XI (ファミ通文庫) 著:むらさきゆきや



新米姉妹のふたりごはん1<新米姉妹のふたりごはん> (電撃コミックスNEXT)著:柊ゆたか
●作中の料理の種類はともかく、ご飯食べて笑顔になってる女の子が見れる、それだけでもいい。それがいい漫画。


監獄学園(20) (ヤンマガKCスペシャル)著:平本アキラ


監獄学園(21) (ヤンマガKCスペシャル)著:平本アキラ


軍靴のバルツァー 9 (BUNCH COMICS)著:中島三千恒


はねバド!(1) (アフタヌーンコミックス)著:濱田浩輔



テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■2017-1月 ラノベ/漫画 読了

2017.01.31 23:47|感想

ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや (ハルキ文庫 さ 19-3 時代小説文庫) 著:坂井希久子
●美人で性格も良く作る飯が旨いとなれば、男なら誰だって引き寄せられて抗えない。という男の悲しいサガはいつの時代だって同じということを分からせてくれる、楽しい江戸の居酒屋人情話。他、武家の鶯事情とか、知らなかった世界も垣間見られて面白かった。



あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫) 著:高田郁
●幸の、今はまだ流されるままでしかないこの時代の女性の大変さと、それでも知識を知恵をと学び成長する様子に、波乱が待ち受けていようともお話的にはますます期待してしまう。


51JqIc.jpg
奉仕委員のおしごと (ワニマガジンコミックススペシャル) 著:胃之上奇嘉郎
●この手のトンデモ設定話って割と好きなんだけど、全体的にエロ漫画というよりギャグマンガのテイストが強かったなぁw 笑わせにかかってるだろw

 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

■2016-12月 ラノベ/漫画 読了

2016.12.31 23:40|感想

ばらかもん(14) (ガンガンコミックスONLINE)
●書道教室を始める(始めたい)先生。閉まる山村酒店と諦めない美和。やっと帰る(笑)神崎。いろいろ新しい道に向けて、しんみりしたり前向きだったり、相変わらず人情温かい。あと、なるのツッコミが最近大人びてきたなw


進撃の巨人(20) (講談社コミックス) 著:諫山創
●死力を尽くす対巨人戦。それぞれが命を燃やしての戦い。やはりこれがこの作品の真骨頂だなと思い知らされる展開。そこにモブキャラがいないんだよね、愛情を込めて生と死が描かれる。ただ、死ぬ死ぬ詐欺の鎧さんはどんだけ復活するんだと思うがw


進撃の巨人(21) (講談社コミックス) 著:諫山創
●明かされる事実と団長の死によって新たなステージが始まる、といった展開。団長はこの奪還作戦が始まる前からそういう雰囲気があったけどね・・・。あと、この漫画のある意味象徴のようでもあった大型巨人も同時に討伐されたしね。
●しかし、外の世界と過去の戦い、民族的な争いとか持ち出すとまた面倒な展開になりそうなんだよなあ(笑)。ボス的な巨人がいるような話も出て、そういうところは少年アクション漫画の王道的展開に突き進むようで、まだまだクライマックスまで長い道のりが提示されてしまったのか。


進撃の巨人 LOST GIRLS(1) (講談社コミックス)著:不二涼介
●巨人側メインヒロイン(だと個人的に思ってる)アニさん大活躍漫画!(笑) 格好良いアニさん、女の子っぽいアニさんが見られただけでもう満足でした。21巻を読み終えてからの読了なので、巨人側の思惑をいろいろ想像できてまた良かった。
 

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学