05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■ベン・トー 3 国産うなぎ弁当300円(アサウラ)

2010.02.18 23:40|感想
ベン・トー〈3〉国産うなぎ弁当300円 (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー〈3〉国産うなぎ弁当300円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2009/01/23)
アサウラ

商品詳細を見る

 今回は純粋に熱い戦い。この無駄に青春で熱血でバカなのがこのシリーズの真骨頂だよなあ。洋は順当に変態への道を登りつつ……いやこれは下っているのか? ともかく不名誉ながらも二つ名を手に入れた洋が狙う今回の半額弁当は国産うなぎ弁当。戦う相手は姉妹で二つ名をもつオルトロス。槍水先輩させ退ける力を持った姉妹の過去に隠された悲しい秘密と、彼女たちに立ち向かう熱き魂をもった狼たちの戦い。新キャラオルトロス姉妹に加えて前回のガブリエル・ラチェットの二階堂といい脇を固めるキャラが揃ってきてバトルの盛り上がりがさらに楽しくなってきたね。特に今回はラストバトル後の、茶髪や坊主といった名も無き狼たちの名脇役っぷりに感動した。”スーパーマーケットに悲しい涙は必要ない”という言葉が染み渡る。スーパーに集う狼たちのなんと誇り高きことか。ただし鳥羽藤雄、テメーは脇役どころか主要人物でもねー(笑)。
 そして今回は、弁当争奪戦以外のところで見せてくれる槍水先輩の別の一面にニヤニヤしっぱなしですね。前回は幼馴染のあやめに出番を奪われた感じでしたが、今回でまた巻き返してくれた感じ。っていうかこれは徐々にデレモードへ突入してくれるのか? 先輩の本気モードでのバトルももっと見せて欲しいところだけど、先輩が出てくると主人公としての洋の出番が無くなっちゃうから難しいのかな。

 あと、相変わらず弁当や食事シーンの描写が美味そうなでたまらない。チキンラーメンやどん兵衛ですらあんなにも食べたくなってしまうのはどういうことか。国産うなぎの弁当となればなんてなおのこと。『ベン・トー』シリーズはこの”食”の描写あってこそでもありますね。


・シリーズ感想
ベン・トー

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント