03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■鋼鉄の白兎騎士団 VI(舞阪洸)

2009.12.10 23:27|感想
鋼鉄の白兎騎士団VI (ファミ通文庫)鋼鉄の白兎騎士団VI (ファミ通文庫)
(2008/03/29)
舞阪 洸

商品詳細を見る

 セビリ=アンテのごたごたも一件落着し、団の財政状況も余裕ができたことから新たな団員補充を行うことになった白兎騎士団。新米隊員だったガブリエラたちが今度は試験を監督する側に回っての入団試験ということで、当然一筋縄で行われるわけもなく、という今回のお話。

 いやー、ガブリエラはすっかり隊のいじられ役というかいじめられ役というか、ある意味でオイシイポジションを獲得してますね。さすがに皆言いたい放題言いすぎだけどそれも仲間同士の信頼関係あってこそという感じで、ああいう軽口のやりとりだけでもすごく楽しい。
 入団試験を無事に通り抜けて合格した新メンバーは、これまたキャラが増えたけどまたそれぞれ個性があってこれからの出番が楽しみ。特にスパイのつもりで入ってきたアスカはこれまでにないタイプのキレ者キャラでどんな活躍をしてくれるのか気になりますね。今はまだスパイ活動もするつもりのようですが、これからどんどんガブリエラやレフレンシアの破天荒なやり方に染まっていくんだろうなぁ。個人的にもアスカのような仕事人的なキャラは好きなので、どんな形で活躍の場面があるのか凄く楽しみだ。

 一方、衝撃の寿退団を果たしカッシゥス王の愛妾となったジアンですが、まあ予想通りですけど本当の役目は王の護衛。それでもカッシゥスは本気っぽいですけど、ジアンはまだまだ恋愛感情を持つには至っていない様子。このまま何事もなければ案外良いカップルにはなりそうですが、最後が気になる展開で終わってしまったのでどうなることやら。


・シリーズ感想
鋼鉄の白兎騎士団

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント