箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■ミスマルカ興国物語 V(林トモアキ)  

ミスマルカ興国物語 V (角川スニーカー文庫)ミスマルカ興国物語 V (角川スニーカー文庫)
(2009/09/01)
林 トモアキ

商品詳細を見る

 紋章集めの旅、今回やって来たのは大東京王国。ってことでどんなストーリーが展開するのか非常に楽しみだったんですが、盛り上がり的にはなんだかイマイチだった感じ。久しぶりのルナス姫様の登場に加え、新たな天魔将まで登場したというのに今回のバトルはなんだかおまけみたいな扱いだったなあ。登場人物が多すぎて今回はやたらドタバタしすぎていた印象。まあ、一部の人たちの圧倒的な力を垣間見れただけでテンションは上がったりするんですけど。忍者の貴月とかもう、後々どんな秘密が明かされるのか楽しみでしょうがない(何かあるよね?)。他にもパリエルやエミットの秘密など、重要な伏線が多くて、次回以降への展開に期待を持たせる展開だったのは良かったですけど。
 後今回、さらりとだけど電子回路を食べる機械に住む妖精が居るという話が出てきましたが、これはもうウィル子フラグだとしか思えないのは私だけじゃないはずですよねぇ。っていうか、ウィル子なら普通にまだ存在していてもおかしくないハズ?


・シリーズ感想
ミスマルカ興国物語

Posted on 2010/02/03 Wed. 23:31 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/967-d3a21e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top