箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■さよならの次にくる <卒業式編>(似鳥鶏)  

さよならの次にくる <卒業式編> (創元推理文庫)さよならの次にくる <卒業式編> (創元推理文庫)
(2009/06/20)
似鳥 鶏

商品詳細を見る

 日常系学園ミステリーを描いた『理由あって冬に出る』の続編。今回も伊神さんを始め会話のやりとりにセンスがあって面白いなぁ。
 前作は長編一本のお話でしたが、今回は短編連作形式の形を取りつつ次回に続くという形を取っているというなかなか珍しい形。全体的にミステリー色は前作より弱いですが、学園もの、青春ものという面白さは相変わらず楽しめる良作。とにかくどれも葉山くんの人の良さと伊神さんの変人っぷりが楽しく、謎解きも面白いですがキャラクターたちの言動一つ一つが魅力的。特に葉山くんの初恋の人が登場する「中村コンプレックス」は、謎解きよりも葉山くんの活躍が実を結ぶのか、そっちのほうが気になってしまいましたしね。まさに青春ミステリーだなぁ、と。あの泣きたくなってしまうようなオチも含めて最高でした。

 今作の最後で卒業してしまった伊神さんが次の新学期編で出番があるのか。葉山くんと柳瀬先輩との関係に進展というか発展はあるのか。意味深な断章の描写が何に繋がるのか、次巻がいろいろ楽しみです。


・シリーズ感想
理由あって冬に出る

Posted on 2009/12/28 Mon. 19:28 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 1   cm: 1

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

URL | 藍色 #-
2011/05/10 18:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/966-3b66c3a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「さよならの次にくる」似鳥鶏

「東雅彦は嘘つきで女たらしです」愛心学園吹奏学部の部室に貼られた怪文書。部員たちが中傷の犯人は誰だと騒ぐ中、オーボエ首席奏者の渡会千尋が「私がやりました」と名乗り出た。初恋の人の無実を証明すべく...

粋な提案 | 2011/05/10 18:13

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top