10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

- - -

ランス10
アリスソフト

カウンター

QRコード

QR

■秋期限定栗きんとん事件 上/下(米澤穂信)

2009.12.23 19:08|感想
秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)
(2009/02)
米澤 穂信

商品詳細を見る

秋期限定栗きんとん事件〈下〉 (創元推理文庫)秋期限定栗きんとん事件〈下〉 (創元推理文庫)
(2009/03)
米澤 穂信

商品詳細を見る

 小山内さんの小悪魔……どころじゃない黒っぷりもさることながら小鳩くんの上から目線や態度も負けず劣らずって感じですよ。これが小市民であることを放棄した彼らの本領発揮というところか。やり口は愉快犯の犯人以上にえげつないぜえ。
 しかし上下巻構成にした割には今回の謎解きは予想の範囲内でいまひとつカタルシスに欠けたかという印象も。や、だって小鳩くんはともかく小山内さんが最後にやってくれるだろうな、というのはもう分かりきっているわけで、その上で”あの程度”だと少々拍子抜けというかなんというか。え、十分酷すぎますか。
 とはいえ事件のほうは内容はともかく、小鳩くんサイドと小山内さんサイドという二つの面から事件に迫っていくという描写が昔懐かしいザッピング形式のアドベンチャーゲームを思い出させてくれて、それが面白かったですね。徐々に確信に近づいていって、肝心の二人が出会うのをちゃんと最後の最後まで引っ張るという、いつもながら秀逸な話運び。

 さて、今回の結末から冬季限定作品は出るのかな? ここまでくると、この非小市民コンビと相対する方を応援したくなる心境ですが。


・シリーズ感想
小市民シリーズ

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント