箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■断章のグリム いばら姫・下(甲田学人)  

断章のグリム〈11〉いばら姫〈下〉 (電撃文庫)断章のグリム〈11〉いばら姫〈下〉 (電撃文庫)
(2009/08/10)
甲田 学人

商品詳細を見る

 いやー、今回はいろんな意味でサスペンス、ホラー色が強かったなぁ。や、泡禍は泡禍なんだけど、それ以上に人間の悪意や狂気がダイレクトに伝わってくる内容だっただけにより恐ろしいというか。いばら姫というモチーフがあったにせよ、そんなことはどうでもいいと思えるくらいに、真喜多家における家庭の"負の事情"の印象が強くてね。これぞまさにドロドロ。1人生き残った莉緒の今後を考えるととても安易に助かったなんて言える分けないよなぁ(そこは颯姫の記憶操作でなんとかするのかもぃれませんが)。

 再登場を果たした勇路は意外なほどにまともな状態でちょっとびっくり。リカのロッジ預かりということですが、雪乃以外の攻撃がちゃんとできる戦力が少ないから、これから協力するようなことがあるのか楽しみ。
 可南子さんとともに生き返った状態の瑞姫のほうは、何らや謎が残る含みを持たせた終わり方。何が起こるか安心できないなぁ。


・シリーズ感想
断章のグリム

Posted on 2009/10/17 Sat. 15:16 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/941-d3f867a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top