箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■断章のグリム X いばら姫・上(甲田学人)   

断章のグリム〈10〉いばら姫〈上〉 (電撃文庫)断章のグリム〈10〉いばら姫〈上〉 (電撃文庫)
(2009/04/10)
甲田 学人

商品詳細を見る

 うーむ、単純な恐さ・グロさよりも生理的嫌悪という意味では今巻はシリーズで一番かもしれない。身体中から……って、想像しただけでむずむず痒くなってしまったよ。
 今回のテーマは「いばら姫」。殺しても死なない母親、出ることのできない家。密室状態となった家の中でほとんどのストーリーが進行する今作は今までとはまた違った恐怖感・緊張感に溢れていて終始油断が出来ない面白さでした。まさかこんなクローズド・サークルものホラーまでやってくれるとは。
 肝心の「いばら姫」になぞらえた事件の内容のほうは、さすがに今回はなんとなく予想はつくか……な。母親と娘の莉緒の関係がキモでしょうね。これにどう蒼井が対処するのか、最悪の状況の中で自信喪失気味の雪野さんがどう反撃するのか、いろいろ楽しみです。


・シリーズ感想
断章のグリム

Posted on 2009/10/13 Tue. 18:00 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/930-755d3f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top