06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■疾走れ、撃て! 2(神野オキナ)

2009.09.09 18:10|感想
疾走(はし)れ、撃て!〈2〉 (MF文庫J)疾走(はし)れ、撃て!〈2〉 (MF文庫J)
(2009/05)
神野 オキナ

商品詳細を見る

 期待通りにラブコメ寄りな話になってきました。少年少女の軍隊モノですが中身はすっかり青春物語という感じに。虎紅とミズキのアプローチの仕方はまあ回りくどいんだけど別の意味で息が合っているというか、妙に上手い具合に三角関係として成り立っている辺りが面白いですねぇ。肝心の主人公、理宇のほうは恋愛よりもまだまだ杖と少尉という立場に与えられた仕事をこなす事でまだまだいっぱいいっぱいという感じですが、それでも今回の演習では理不尽な敵の猛攻に対して訓練の成果や成長が見れる辺り、軍隊ものとしてもなかなか楽しめる内容でした。鬼軍曹ミズキの暴言もある意味見た目とのギャップ萌えというやつで面白いし、佐武に深冬、五巳に教官連中まで恋愛関係・人間関係でこれから期待させるような伏線も多くてあっちこっちで楽しみが増えた感じ? 個人的には五巳さんとか意外と活躍しそうなキャラになって行きそうで期待。
 展開としては3巻に続く形で今回は終わってしまいましたが、上層部の思惑やら何やらも含めてどんな風に人間関係が動いていくのか、これから気になりますね。


・シリーズ感想
疾走れ、撃て!

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学