箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

●舌のような細長い形  

 雨がただ降るだけなら構わないんですがねぇ・・・。



『戦場のヴァルキュリア』 17話
 手持ちの機関銃でしか応戦してこないような拠点に、スーパー戦車を持ってるのに煙幕頼りの歩兵突撃戦法で仕掛ける意味が分からない。どうせ突っ込むならエーデルワイスで普通に砲撃しまくってから突っ込んだほうがよっぽど安全だった気が。味方の戦車部隊だって助けにきてくれたのになぁ。そんな相変わらず無謀な戦い方だから、今更のようにイサラが被弾しても、「ほらみろ油断してるから」という感想しか……というのは流石に酷いか?
 あとどうでもいいがラマールの酷い(笑)アプローチはイサラにどの程度伝わっているのかすっごく気になる。イサラはどこまですっとぼけているのだろうか。


『うみねこの鳴く頃に』 4話
 バトラがあの会話の流れで「うみねこの鳴く頃に」と呟いた理由がよく分からないのですが? 夏妃がいきなりサバ缶を取り出しことも意味不明。
 そはともかく殺されていくペースは早いなぁ。もうおばさんが1人に子供が3人、幼女が1人で全部で5人に。こ、これで本当に犯人探しすんの? ベアトリーチェが実在するのかしないのか。前の話では見えない存在だなんだと言っていましたが、実はすでに故人だったと。
 なんだか怪しいのはメガネのジョージ君とか? いきなり死んだ母親の胸に顔をうずめるとか不審極まるよなぁ。まあ今はまだ分からんことだらけで何ともいえませんが…。


『CANAAN』 5話
 伝説の傭兵=大塚明夫、みたいな構図でカナンの育ての親が回想で登場。それが蛇の首領の殺されちゃうとは皮肉な話だ(笑)。しかしこれでカナンの事情は単純ながらも一気に解明してしまったのかな。わっかりやすい話ではあるが。たびたび登場するサンタナもカナンの村で起こった出来事に関係あることが匂わされて、いろいろ繋がってきた感じ。あとはマリアがどう動くのかってところか。しかしあんな乱暴な出会いをしておいて、今更目の前で1人殺してなんだよ、って気がするんだよなぁ。あなお軟体少年が完全に悪役面のおっさんだったらマリアは心を乱しただろうか、なんて偏見を言ってみる。


Posted on 2009/07/28 Tue. 18:45 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/907-ef606ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top