04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■聖剣の刀鍛冶-ブラックスミス- 5(三浦勇雄)

2009.07.16 23:49|感想
聖剣の刀鍛冶5 (MF文庫J)聖剣の刀鍛冶5 (MF文庫J)
(2009/03/25)
三浦勇雄

商品詳細を見る

 緊迫した世界情勢の中、嵐の前の静けさとも言うようなそれぞれの日常風景。セシリーとルークの仲はどんどん外堀を埋められていっているというか、回りくどい事を言ってるのは当人同士だけというか。まあ、もう何を今更という感じですわな。明かされたキャンベル家の役割、聖剣の鞘の話は、確かに追い詰めるという意味では過酷な真相でしたが、二人の絆の前ではなんともあっさりしたもんですよ(笑)。セシリーの切り替えの気持ち良さ、潔さもこれまでの二人を見ていれば確かに今更なんて事ない問題だよと思ってしまう。
 一方で軍国から一緒にくっ付いてきたユーイン先生とアリアの関係はこれからスタート、という雰囲気がなんとも初々しくてまたニヤニヤ。もうこれからはあんまりのんびりした状況でのお話は見れそうもないですが、この二人の関係の進展も楽しみだ。ユーイン先生の頑張りに期待、したいところだけど、最後のセリフはオチとしてもとしても酷いぞ(笑)。アリアの苦労が忍ばれるよ。

 ところで作者曰くセシリーのコスプレ披露の場と化しているという今回の表紙のセシリーは、前回のドレス姿よりもいろいろな意味でエロいな。なんで谷間の部分があんなにはだけているんだよ(笑)。


・シリーズ感想
聖剣の刀鍛冶

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学