06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■いつも心に剣を 1(十文字青)

2009.06.29 23:48|感想
いつも心に剣を 1 (MF文庫 J し 5-1)いつも心に剣を 1 (MF文庫 J し 5-1)
(2009/02)
十文字 青

商品詳細を見る

 家族でも恋人でもない、ユユとレーレの関係はいろんな意味で生々しいねぇ。しかしこの明らかに健全ではないところに、この作品の面白さが詰っているというのがいかにも十文字青の作品という感じがします。
 剣と魔法、それに宗教が力を持つ王道ファンタジーな世界観。そこで展開される人間と魔女の軍団の争いに巻き込まれる家出少年&少女のユユとレーレ。世間に対して非力な少年・少女の、まさに”儚くも強い愛と絆の物語”って感じがしたなぁ。力はなくても揺ぎ無い信念を持つ少女・ユユに、ユユに全てを捧げているといっても過言ではなく少年にして剣士のレーレ。あれよれよという間に騒動に巻き込まれ引き離されても互いを想い続ける様子はなんとも切ない。
 今回のような人間の醜い部分がこれからも二人を襲うような気がしてならないんですが、これはやはり二人の絆の強さを試されるお話なのかな。得体の知れない魔女たちと騎士団、両軍の動きも気になりますし、壮大な物語の中で二人がどう翻弄され生きていくのか、楽しみでもあり不安でもあり。

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学