07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■戦闘城塞マスラヲ Vol.05 川村ヒデオの帰還(林トモアキ)

2009.05.26 19:35|感想
戦闘城塞マスラヲ  Vol.5 川村ヒデオの帰還 (角川スニーカー文庫)戦闘城塞マスラヲ Vol.5 川村ヒデオの帰還 (角川スニーカー文庫)
(2008/12/27)
林 トモアキ

商品詳細を見る

 期待以上の大盛り上がり。ノリに乗ったこの勢いこそ作者の本領、といったところでしょうか。

 アーチェスの罠に嵌り、絶望のどん底に突き落とされたヒデオの復活と帰還の一連の流れは王道にして最高の成長物語。イロモノ、ギャグキャラ程度の認識しかなかった(一部の)かつての敗者たちまでもがまさかこんなにも大活躍するとは誰が予想しようか。絆を深めた仲間たちとの戦いってのはホントに熱い。最高のパートナーとなったウィル子との文字通りの共同作業でクライマックスを飾る最後の戦いは、ハッタリから始まったこの聖魔杯を締めるに相応しい展開で震えっぱなしでした。
 いやー面白かった。堪能した。
 前作『お・り・が・み』の続編として読んでもハッキリとした繋がりがあって満足の展開ですし、ウィル子という新たな神とヒデオという英雄の誕生の物語としても楽しめる文句なしのエンターティメント。
 面白そうな後日談の予告までしてくれて、別シリーズ『ミスマルカ』との関連も含めて、ますますこの世界観の物語の行方が楽しみで仕方ないです。

 っていうか、睡蓮とかどうしてるんだろうなー、などと今巻を読み始める前になんとなく思っていたものですから、まさか最後の登場とGAIDENの予告は最高のサプライズ。目からビームの出る彼女の再登場とかもお願いしたい。


・シリーズ感想
戦闘城塞マスラヲ

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学