箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■輪環の魔導師 4 ハイヤードの竜使い(渡瀬 草一郎)  

輪環の魔導師〈4〉ハイヤードの竜使い (電撃文庫)輪環の魔導師〈4〉ハイヤードの竜使い (電撃文庫)
(2008/10/10)
渡瀬 草一郎

商品詳細を見る

 セロの師匠、アネットさんが登場。ああ、またそんなセロに好意むき出しのキャラを出したらフィノの嫉妬メーターがどんどんと……と思いきや、以前からの顔なじみ&セロたちよりも年上のお姉さんということもあってか、アネットは流石にフィノの扱い方は心得ている模様。互角の言い合いに見えてからかわれながらも愛されているフィノの姿を見ていると、フィノの態度は単なる子供っぽさ故の嫉妬のようにも見えて微笑ましくもあるんだけどなあ。ただ事態の中心にいるのに絶妙に蚊帳の外にいるセロののほほんぶりは相変わらず面白いけど、これでセロがフィノの態度の異常さに気づいたらどうなるのかというのは、楽しみでもあり恐ろしくもあり。
 今回はまんまと魔族たちの策にハマってイリードに続きセロとフィノも捕らわれの身に。物語は一夜で悪い方向へ進みましたが、後半へ向けてなかなか良いところで終わってしまって続きが気になるところ。ルナスティア相手の救出戦でアルカインの本気がどこまで見られるのか楽しみ。


・シリーズ感想
輪環の魔導師

Posted on 2009/03/24 Tue. 23:17 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/846-95a9c0f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top