箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

●動作が独特  

『バイオハザード5』
 チャプター6-3、途中まで。
 ゴキブリにガトリングが×2って鬼か。その前のボスより疲れたし手こずったよ。
 エクセラさんはあっさりウロボロス化ですか。この人は結局何がしたかったのか良く分からん人だったなぁ。ホントにウエェスカーと一緒に居たかっただけなの? なにかもっと野心があるのかと思ってたけど、さたのサービス要員だったのかい。
 巨大ウロボロスには船に備え付けてあった衛星砲(?)で攻撃。こんなもんで撃ってたらまず船がダメになると思うんだけど(笑)。照準にけっこう手こずりながらも、飛び散る肉片も倒しアイテムをゲットしつつ撃退して6-2は終了。
 ここから一気にラストまで行く勢いだったんですが、その後の雑魚戦で、即死掴み有りのゴキブリ野郎とガトリングのおっさんを倒さなければいけない場面で大苦戦。死亡回数こそ少ないものの、あっちこっち逃げ回りつつの文字通りの死闘でヘトヘトです。今回ばかりはAIシェバの言うこと聞いてくれない行動に頭を抱えました。こういうところは絶対人間同士のプレイが面白いよ。っていうか制作側もそれを意識して作ってるよな。明らかに一人でやるには大変だもの。
 手を変え品を変えもとい武器変え装備変え、疲れた。

Posted on 2009/03/18 Wed. 13:29 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/843-1070ad04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top