07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■Dクラッカーズ 4 決意 -resolution- (あざの耕平)

2004.09.29 19:54|感想
Dクラッカーズ〈4〉決意‐resolution (富士見ミステリー文庫)Dクラッカーズ〈4〉決意‐resolution (富士見ミステリー文庫)
(2002/05)
あざの 耕平

商品詳細を見る

 なるほど、確かに前作が「動」で今回は「静」ですね。個人的にはアクションが無くても、今回のようにじわじわと暗躍する悪役らが裏でストーリーを操っていくような展開のほうが、緊張感があって好き。ストーリーの溜め方が上手いんだ、これが。ラスボスっぽいキャラも現われてどんどん面白くなってきやがりましたよ。
 物語の構成的にも、ラストの一旦落として、復活→反撃! という展開は非常にお約束的だけど、やっぱり燃えます。素晴らしい。
 相変わらず主人公(であろう)景の描写は少ない(というか今回出番なし)んですが、今回は梓の想いや心情が丁寧に描かれているところがこう、ぐっと来ますねぇ。自分の中ではこれでようやく正ヒロインとしての立場に上がったという感じなんですけど、さて次で景とどう絡むのか気になるところ。
 また、今回は景と梓に代わって奮闘する千絵の活躍が素敵すぎです。なんか水原とアレな仲になりつつあるんですが、この辺も気になる。


・シリーズ感想
Dクラッカーズ

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント