07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■9S<ナインエス> IX(葉山透)

2008.10.09 14:52|感想
9S 9 (9) (電撃文庫 は 5-11)9S 9 (9) (電撃文庫 は 5-11)
(2008/07/10)
葉山 透

商品詳細を見る

 黒川率いる海星部隊との戦いにもようやく決着。といいつつも肝心のバトル本編は第四章からスタートという感じで相変わらず前置きが長いというか、もったいぶったことになっていますが、由宇の派手なスフィアラボ脱出から一気に畳み掛ける展開はさすがに盛り上がること。全体の印象としてはあっちこっちのバトルに視点が移るため落ち着きのない構成で必要以上に散漫なところもありましたが、スフィアラボに閉じ込められたまま策を練る伊達やそのために奮闘する小夜子たちをはじめ、逆転の一手にかける展開はやっぱり熱い。王道ながら潔い覚悟を見せた黒川もここまで引っ張っただけはある悪役らしい最後でした。
 あと、戦いには直接参加していないですが八代とマモンの会話がなんともほのぼのしていて和む(笑)。いつのまにあんなに可愛げのあるキャラになってたんだ、マモン。意外なところで良いコンビが誕生しているなぁ。

 一方で、海上の戦いとは別のところで麻耶たちによって徐々に明かされていく勇次郎と由宇に隠された過去と秘密。この辺りはさすがに今回の伏線で話が繋がって来ましたが、相変わらず簡単には一緒に居られない闘真と由宇という感じで、次巻からどんな新展開になるのか。不坐やルシフェルといった大物が何を企むのか、続きも大いに期待。


・シリーズ感想
9S<ナインエス>

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学