09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■付喪堂骨董店 4 ”不思議”取り扱います(御堂彰彦)

2008.10.05 19:20|感想
付喪堂骨董店 4―“不思議”取り扱います (4) (電撃文庫 お 9-7)付喪堂骨董店 4―“不思議”取り扱います (4) (電撃文庫 お 9-7)
(2008/07/10)
御堂 彰彦

商品詳細を見る

 自分の存在感を希薄にしついには消してしまう薬の所為で誰からも忘れられてしまうクラスメイト、カジノで心を読むピアスを使いイカサマをする男、運命の赤い糸を操る指輪で幼馴染の恋をムリヤリ成就させる少年、と今回はこんな3編と、刻也と咲のアンティークに絡んだいつものすれ違いを描いた全4編。
 
 なんだかもう刻也と咲はすれ違ってはいますがしっかり通じ合っている感じ? 今回はいつものすれ違い話だけでなく「ギャンブル」「小指」とお互い認めたくないんだろうけど結局は相方を意識しっぱなしというニヤニヤ展開。確実に距離が縮まっているなというのが分かって読んでいるほうとしてはなんとも嬉しくなってしまいますな。特に咲の反応の変わりようの顕著なこと。
 アンティークに絡んだエピソードはもはや鉄板でミスリードを誘う描写から安易なハッピーエンドには終わらせない良い意味で裏切られる展開までいろいろと楽しませてくれます。今回は「小指」の落し方が秀逸でした。や、あれは笑えないけど笑ってしまうみたいなオチだったなぁ。

 あと、今回もタケシマサトシ氏のイラストが美麗。ゴシック衣装で尾行するというお約束の咲の挿絵が可愛いこと(笑)。


・シリーズ感想
付喪堂骨董店

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学