箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■獅子の玉座<レギウス>(マサト真希)  

獅子の玉座〈レギウス〉 (電撃文庫 ま 7-8)獅子の玉座〈レギウス〉 (電撃文庫 ま 7-8)
(2007/12/10)
マサト 真希

商品詳細を見る

 国を滅ぼされたお姫様と元海賊の傭兵が秘宝を求めて旅をする。ファンタジー冒険小説の王道ですね。怪しげな素性の吟遊詩人から、倒すべき悪の皇帝、野心いっぱいの皇子、宝に隠された謎などなど。オーソドックスな展開だけど、キャラクターは分かりやすいだけに面白いし、ストーリーにも勢いがあって終始盛り上がっていました。いかにも冒険モノらしい楽しさがあって面白いです。口調は高慢だけど誇りと優しさを持つ姫様のアリアンと、ぶっきら棒で口は悪いけど頼れる傭兵レオンの二人が、実に主人公らしいキャラクター設定で安心して見ていられるのが良いですね。
 終盤で意外とストーリーが収束していったので1巻完結ものかと思いきや、多くの伏線と隠されたお宝の謎、そして広がる世界観ということで、好みの世界観、物語であることを差し引いても、これは次巻にも期待。

Posted on 2008/07/22 Tue. 19:25 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/744-f677b146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top