箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■魔女ルミカの赤い糸 3 錆びついた時計台(田口一)  

魔女ルミカの赤い糸3 (MF文庫 J た 5-3)魔女ルミカの赤い糸3 (MF文庫 J た 5-3)
(2008/04/23)
田口一

商品詳細を見る

「朝からずっとはきっぱなしのソックスですよ」
「だ……だからなんなのさ」


 舐めて吐いて吐血して……ひたすら変態道を突き進む主人公がだんだん哀れに思えてきたよ。今回はドイツからやって来た転校生と連続少女誘拐事件を絡めてちょっと魔女関連の設定の掘り下げもやって見ました的なストーリー。最後の最後で敵さんがベラベラと全部喋ってくれるあたりはまるでギャグみたいですが、いろいろと今後の繋がる話も出てきてシリーズ的には話が動いた巻でもあったのかな。
 まあストーリーのほうは割とどうでもよく、やはり見所は年下少女に手を(舌を)出しまくりる描写、シーンに尽きるか(笑)。個人的にはもっとルミカのSっ気に翻弄される主人公の日常を見たいんだけどな。冒頭のお勉強のシーンとか、ああいうのを。


・シリーズ感想
魔女ルミカの赤い糸

Posted on 2008/09/04 Thu. 00:12 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/735-999b6f94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top