09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■フルメタル・パニック! せまるニック・オブ・タイム(賀東招二)

2008.06.01 23:54|感想
せまるニック・オブ・タイム―フルメタル・パニック! 10(富士見ファンタジア文庫)せまるニック・オブ・タイム―フルメタル・パニック! 10(富士見ファンタジア文庫)
(2008/02/20)
賀東 招二

商品詳細を見る

 明かされるウィスパードの秘密、ASを初めとするブラックテクノロジーが存在する理由、カリーニンがレナードに付いた訳などなど、終盤らしく一気に畳み掛けてきました。まー、ちょっとセリフで語らせるだけというやり方は味気ないというか、広げた風呂敷の割には淡々とした説明のおかげでインパクトが少なくなってしまってしまったのは残念だったかな。次々と重要な事実が明かされるものだから付いていくばっかりで驚いている暇もなかったというか。

 アマルガムとの戦いは、もう完全にVSレナードという図式へ移行(っていうかアマルガムは散々引っ張った割りに事実上の壊滅が早すぎるw)。とりあえず今回のストーリーで後のアクションに不要な謎解きを済ませてしまったという感じで、ラストバトルへの仕込みは十分といったところでしょうか。今巻で一番の盛り上がりを見せたであろう”彼”の最後のシーンは、決着が付くまでまさかこれまでのやり取りの多くが死亡フラグだったとは露ほどにも思わず気づかなかった。そういう所にには甘い作品だと思い込んでいたからなぁ。仲間のために最後の仕事を成し遂げたあの一連のシーンは、シリーズを通してのこれまでの積み重ねというものをビシビシと感じることの出来る、素晴らしい内容でした。……しかしまあ実際は生死不明扱いなのでどうにでもなるんでしょうけど、彼の扱いも含め(次巻?)最終巻、どうなりますか。


・シリーズ感想
フルメタル・パニック!

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学