箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■BLOODLINK 5 雪花(上)(山下卓)  

BLOODLINK 雪花 <上> (ファミ通文庫 や 1-1-5)BLOODLINK 雪花 <上> (ファミ通文庫 や 1-1-5)
(2008/02/29)
山下 卓

商品詳細を見る

 読み出した直後は作中の状況を忘れてしまっていてどうしたものかと思いましたが、中盤あたりまでにはなんとか回復。複雑な設定だけに3年以上経つとさすがに思い出すのも大変ですな…。

 そんなわけで、久しぶりの新作にして前巻からの完全な続き。カンナを救うことが出来るかもしれない天使の情報を得るために山科沙由理に接近し、成虫となった夏見を追うカズシたち。読み進めるに従って明らかになってくる真実と、相変わらず一癖二癖もある女性陣の感情の描き方に引き込まれる。男と女、複雑に絡み合うキャラクターたちのドロドロ感、壊れっぷりが良い意味でこの作品の魅力だよなぁ、と再実感。この生々しさが面白い。
 上巻である今巻は情報の整理が主で大きく事態が動き出したのは後半から。緊張感ばかりが増していく物語の行方がどうなるのか、どんな結末を迎えるのか、続きが楽しみです。


・シリーズ感想
BLOODLINK

Posted on 2008/04/17 Thu. 19:34 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/717-e5b9ef52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top