05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■モーフィアスの教室 2 楽園の扉(三上延)

2008.06.12 13:45|感想
モーフィアスの教室 2 (2) (電撃文庫 み 6-21)モーフィアスの教室 2 (2) (電撃文庫 み 6-21)
(2008/03/10)
三上 延

商品詳細を見る

 直人を中心にした女性陣のやり取りがなんとも良いなぁ。綾乃と棗、それに1巻では出番の少なかった水穂の、三者三様の直人に向ける感情の行方に本編そっちのけでニヤニヤしてしまいます。特に今回は水穂のツン方向な態度がなんとも可愛らしくて。いやー、良い妹さんですよ。そりゃ兄が気に食わない女と一緒の部屋で寝泊りしだしたら気にならないどころの騒ぎじゃないですな。「ケダモノ」「淫獣」呼ばわりには噴いた(笑)。
 棗は今回の事件をキッカケに直人と綾乃の関係を知ることになり、これからの物語に関わりやすくなって第二ヒロインとしての本領がどんな形で発揮されていくのかも楽しみ。水穂との良いコンビネーションを見られそうですし(笑)。

 ”赤い目”に関する情報はまだまだなのでどんな方向に物語が動いていくのかまだ分かりませんが、今回の悪夢も良い感じにホラーテイストに溢れて面白かったですし、キャラクター、ストーリー共にこれからの進展が楽しみですねぇ。

 あと、前回に続き今回も椎名さんのイラストは素晴らしいね。特にカラー。表紙の綾乃の見返り姿も個人的にツボすぎです。


・シリーズ感想
モーフィアスの教室

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学