箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■君のための物語(水鏡希人)  

君のための物語 (電撃文庫 み 13-1)君のための物語 (電撃文庫 み 13-1)
(2008/02/10)
水鏡 希人

商品詳細を見る

 不思議な青年レーイと、作家志望の「私」の二人が、レーイの不思議な力に纏わる事件に係わり合いながら親交を深めていく連作短編形式の物語。第14回電撃小説大賞金賞受賞作品。
 淡々としているようでじっくりと染み渡るような落ち着いた雰囲気が魅力。ちょっと切ない出会いと別れの物語が描かれますが、キャラクターのユーモアのセンスや重くなりすぎない雰囲気がなんとも読み心地の良いものにしてくれています。派手さはまったくないけれど、変な奇を衒わずにキャラクター、内容の良さでちゃんと読ませてくれるのもGood。地味な内容ですが、ルーイと「私」の間にある良い友達関係などに見られる親しみある描写が心地よく、余計に感情移入して楽しめました。最後の最後でタイトルに隠された意味を明かす演出も、ちゃんと考えてあって良いですね。じっくりと作品世界に浸らせてくれました。

Posted on 2008/06/09 Mon. 23:52 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/711-ebb5e1d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top