09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■モノケロスの魔杖は穿つ 4(伊都工平)

2008.04.14 22:41|感想
モノケロスの魔杖は穿つ4 (MF文庫J)モノケロスの魔杖は穿つ4 (MF文庫J)
(2007/12/20)
伊都 工平

商品詳細を見る

 ヒロの死、国連軍の壊滅、天球儀会との決戦と、最終巻らしい怒涛の展開を見せる今巻。最後を飾るに相応しい圧倒的な密度で物語は進みますが、これは正直詰め込み過ぎと思わずにはいられなかったなぁ。本筋として天球儀会、木星-ユピテル-、マグナ・マーテルとの戦いには決着がつき大団円で締められていますが、後半は戦いのスケールが大きすぎて何が起きてどういう戦いが繰り広げられているのか把握するので精一杯という感じ。ヒロと麻奈のコンビでマグナ・マーテルに挑む様子は、ラスボスとの戦いらしい圧倒的な描写力で読み応えは抜群でしたが、最後でせっかく王国のメンバーが揃ったのに彼らの戦いがほとんど省かれてしまったのは残念でなりません。せめて今回は上下巻くらいのボリュームは欲しかった。エピローグで僅かですがその後の彼らを見ることが出来たのは良かったですが。ヒロの麻奈の呼び名が苗字から名前に変わっている辺りにいろいろと想像を膨らませたいと思います。


・シリーズ感想
モノケロスの魔杖は穿つ

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学