箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■鋼鉄の白兎騎士団 II(舞阪洸)  

鋼鉄の白兎騎士団 II (ファミ通文庫)鋼鉄の白兎騎士団 II (ファミ通文庫)
(2006/05/29)
舞阪 洸

商品詳細を見る

 見習い期間中のガブリエラたちの奮闘と、騎士団内に漂う陰謀の匂い。行方不明の団員、襲われる副団長、黒幕は誰か――、と、主人公たちはまだまだ新米扱いでコミカルな描写や掛け合いで笑わせてくれますが、展開される事件はなかなか緊迫してますね。キャラの見せ方といい事件の展開といい、全体的なテンポが良くて非常に面白かったです。事件の黒幕については予想通りって感じで意外性は少なかったけど、次巻以降でどういった対決に持っていくのか。敵は強敵っぽいだけにどんなガブリエラの奇策が炸裂するのか楽しみですねぇ。
 ガブリエラを始め、雛小隊の各キャラクターの性格や個性がより見えてきたのも、読んでいてまた楽しかったです。特に今回はジアン。一巻では頼りになる忍者タイプかと思いきや、いつの間にか愛すべきアホキャラに(笑)。アフレアとの掛け合いが小学生レベルの口喧嘩で微笑ましすぎます。
 あとイラストがやっぱり良いですね。煌びやかな感じと漂うエロスの絶妙なバランス。団長と副団長のツーショットの挿絵なんかはそのシーンのセリフのやり取りからも「この二人デキておる」とか勝手に想像してまいましたよ。


・シリーズ感想
鋼鉄の白兎騎士団

Posted on 2009/09/18 Fri. 00:21 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/685-aca0ef06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top