07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■鋼鉄の白兎騎士団 I(舞阪洸)

2009.09.16 23:41|感想
鋼鉄の白兎騎士団 I (ファミ通文庫)鋼鉄の白兎騎士団 I (ファミ通文庫)
(2005/11/30)
舞阪 洸

商品詳細を見る

 女性、それも未婚の少女たちからなる騎士団を舞台に、期待の新人として入団した少女たちの活躍を描くファンタジー。第一巻は主人公のガブリエラとその仲間たちの騎士団入隊試験と、キャラクターの紹介がメインってところですか。もうちょっと軽い雰囲気を予想していたんですが、意外と作りこまれた世界観で楽しませてくれました。主人公のガブリエラも一人で超人的な力を持って活躍するというわけでもなく、戦いの役割分担もきっちり分かれているようで、次巻以降は各キャラクターの見せ場も増えてくるんでしょうねぇ。こういう、仲間単位の絆や結束が活きてくるような設定は大好きです。特にこの一巻を見ると、ガブリエラのライバルキャラっぽく描かれているお嬢様系キャラ、ドゥイエンヌが面白いですね。我侭で傲慢に見えるけど、他人を見る目はちゃんと出来ているようで、不遜な物言いもどこか憎めないカッコよさがあります。微妙に控えめなガブリエラとは早くも良いコンビっぷりを見せていますし。
 冒頭ではガブリエラが騎士団のトップにまで上り詰めていることがすでに描写されていますが、ガブリエラだけでなく、今回無事入団出来た彼女たちが今後どんな活躍をして騎士団内を駆け上がっていくのか、なかなか楽しみです。

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学