09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■図書館革命(有川浩)

2008.02.04 20:56|感想
図書館革命図書館革命
(2007/11)
有川 浩

商品詳細を見る

 原発を狙ったテロというこれまでにない緊迫した状況から始まるシリーズ最終巻。 メディア良化法の扱いはどうなるのか? 郁と堂上の二人の関係はどこまで進むのか、などなど気になるところがいっぱいの最終巻でしたが、終わってみればそれぞれの決着を上手い按配で纏め上げて、また有川さんの実力の程を思い知ったという次第。メディア良化法に関して言えば、これで決着、という簡単な結末には至っていないものの、これから郁や堂上たちがまた頑張っていくんだろうなー、という一つの方向性をはっきり見せてくれただけで、もう満足です。っていうか元からそんな簡単な話ではないのは分かっていることですからね。
 っていうか、最終的に決着がついて万々歳なのは郁と堂上の二人の関係なわけで(笑)。いやもう最初から最後まで、堂上の前ではほとんど動揺しっぱなしの郁にニヤニヤするばかりでしたな。力任せの勢い任せの告白も大爆笑ですわ。新婚生活に至ってはしっかりラブラブだしー(笑)。
 いやはや、シリーズ一作目はどんなトンデモ設定だよという感じでしたが、ストーリー、キャラクター共に一級のエンターティメントとして楽しませてくれました。面白かった!

 ところで、手塚と柴崎の二人は、一巻の頃から考えると一番予想外の関係になっていてこの巻は読んでいて特に楽しかったなぁ。っていうか最後のほうの手塚は、ブラコンだわ柴崎の尻に敷かれるわで、登場時の二枚目秀才設定はどこ行ったという感じ(笑)。この二人のお話も何かで読めたら嬉しいですね。


・シリーズ感想
図書館戦争

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「図書館革命」を読む

本ブログ、勝手に推奨作家である有川浩さんの新作ですよ。図書館シリーズ完結編、「図書館革命」読みました。とうとう、終わっちゃいましたね。出版される前は楽しみでしたが、読み終わった今となっては、なんか寂しい感じ。シリーズ物が終わると、いつもこんな感じですよ...

図書館革命/有川浩

図書館革命/有川浩 図書館戦争シリーズの最終巻です。 最終巻も疾走感たっぷりで、途中で本を閉じることができませんでした。 『図書館の...