08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■お・り・が・み 7 澱の神(林トモアキ)

2008.04.28 20:00|感想
お・り・が・み 澱の神 (角川スニーカー文庫)お・り・が・み 澱の神 (角川スニーカー文庫)
(2006/06/30)
林 トモアキ

商品詳細を見る

 世界の命運を掛けた鈴蘭率いる魔王軍団vsマリーチ率いるアウター軍団の戦いはまさに総力戦。ラストバトルに相応しい、圧倒されるような熱く濃い戦いの数々。最大限の力を発揮して戦う人間、アウターたちの無茶苦茶っぷりの痛快なことといったらなかったですねぇ。必殺技の撃ち合いというかなんというか、戦いに関してはとにかくこれ以上ないほどの盛り上がりを見せてくれました。睡蓮のアマテラス召喚とか尋常じゃねぇ(笑)。
 最終決戦はちょっとラスボスが唐突な登場でしたけど、ここでもリップルラップル、みーこ、そして鈴蘭と締めを飾るに相応しい彼女たちの活躍があり、貴瀬の扱い含めてとにかく最後まで熱い内容で楽しませてくれました。
 そしてエピローグの後日談。この作品らしいボケと笑いでまったりとしつつ、各キャラのその後をしっかりと描写。ご都合主義の極みとも思える鈴蘭の願いも、この後味の良さを考えると何の文句もありません。っていうか、元気元気☆な沙穂の姿が見れただけで私は最高に嬉しかったのでありますよっ(笑)。

 そんなわけで、『戦闘城塞マスラヲ』に続く前シリーズということで読み始めた『お・り・が・み』ですが、終わり良ければ全て良し、ではありませんがこれは読んで良かったと思います。今、『戦闘城塞マスラヲ』を読み返すとメチャクチャ繋がりがあるのもハッキリ分かりましたし、続けて登場しているキャラや設定などもすっかり理解できましたしね。シリーズを股いて展開されるスケールの大きい世界観が非常にツボで、これから『マスラヲ』のほうも楽しみになってきましたねぇ。


・シリーズ感想
お・り・が・み

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学