箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■刀語 第十一話 毒刀・鍍(西尾維新)   

刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX)刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX)
(2007/11/02)
西尾 維新

商品詳細を見る

 さすがに残り二話ともなるとシリアスに話が進みますな。冒頭のご丁寧な粗筋はどうかと思ったけど(笑)、次々と明らかになっていく四季崎の秘密や世界の謎など後半はこれまでにない勢いで読ませてくれた。四季崎に乗っ取られた鳳凰と七花の戦いといい、左右田右衛門左衛門に非力に見えた人鳥が運命崩しという忍法で対抗する戦いといい、いつも通りの無茶苦茶っぷりですが、これまでの刀集めにはない久しぶりの真剣勝負で大いに盛り上がりました。

 七花ととがめは、ここへ来て旅が終わった後のことをさり気なく気にし始めたのが意外でもあり印象的でもあり。まあそれも今回のラストへ向けたフラグ、だったのでしょうが、これには流石に驚かされました。
 さてさてどうなる最終巻、期待して読みます。


・シリーズ感想
刀語

Posted on 2008/01/19 Sat. 17:43 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/657-1b32377e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top