箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■バトルフィールドは空騒ぎ~週末の旅団~(浅沼広太)  

バトルフィールドは空騒ぎ! -週末の旅団- (ファミ通文庫)バトルフィールドは空騒ぎ! -週末の旅団- (ファミ通文庫)
(2007/07/30)
淺沼 広太

商品詳細を見る

 オンラインゲーム上でのキャラクターを使って描かれるアクション・コメディ。傭兵たちが集まって、戦ってお金を稼いで……というゲーム内のお話ですが、ゲーム外の話が一切無いので、あまり「これはゲームの中の話」という認識はなかったな。ってか、この手のオンラインゲームの知識が私にはさっぱり無いというのもあるからなんでしょうが、いまいちゲームっぽさが伝わってこなかったのは、どうなの?
 お話のほうは、不殺を信条とする主人公をはじめ、それぞれ癖のあるもの同士が集まってチームを作り、強敵を倒していく~という、あまり捻りのないストーリー。癖のあるキャラの集まりでも、チームらしい戦いが見られるわけでもなく、この巻は本当に仲間が集まっただけという感じ。全体的にあっさりしすぎていて、自由に火器が仕様できる設定なのに迫力に欠ける内容だったのも残念。
 各キャラの背景みたいなものは触り程度語られるだけでしたが、その辺りは続きに期待、ということになりますな。どうにも中途半端なだけで終わってしまっているので。

Posted on 2007/12/01 Sat. 01:12 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/641-1bf66681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top