06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■らき☆すた らき☆すた殺人事件(竹井10日)

2007.11.05 01:12|感想
らき☆すた―らき☆すた殺人事件 (角川スニーカー文庫)らき☆すた―らき☆すた殺人事件 (角川スニーカー文庫)
(2007/08/31)
竹井 10日

商品詳細を見る

 この本を読んで分かることは、ゲーム『ひまわりのチャペルできみと』(シナリオ:竹井10日)が腹筋割れるほど面白いらしい、ってことか。

 そんなわけあるか。

 まあ、途中まではB級サスペンスのノリで楽しめましたよ。キャラクターを本当に殺人事件でバッサリと殺してしまう辺りも、いかにも二次創作っぽくて良いんじゃないかと。おかげで最後のギリギリまで、シリアスのままなのかギャグで落すのか、どちらで来るのか悩みましたからね(笑)。
 『らき☆すた』というノリの軽い作品で、なんでわざわざ殺人事件の話なんかにしたんだろう、部分でちょっと悩みますが、意外性とい意味でまあ、これはこれでアリなのかな、と。

 しっかし、自分の作品とはいえ、全然別ジャンルの、しかも18禁ゲームを堂々とスニーカー文庫の作中で紹介・宣伝してしまう竹井10日氏の神経はなかなか凄いものがあるな。
 しっかし、自分の作品とはいえ、全然別ジャンルの、しかも18禁ゲームを堂々とスニーカー文庫の作中で紹介・宣伝してしまう竹井10日氏の神経はなかなか凄いものがあるな。

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学