箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■学校の階段 6(櫂末高彰)  

学校の階段6 (ファミ通文庫)学校の階段6 (ファミ通文庫)
(2007/07/30)
櫂末 高彰

商品詳細を見る

 う~ん、美冬姉さんのお弁当手渡しイベントのなんと微笑ましいことか。シーンとしてはたった数行だけど、挿絵を入れた編集GJ。

 幸広が行く茨の道とは、これぞまさに青春の無駄足だなぁ。いや、面白い面白い。突然階段部への情熱を失ってしまった幸広の心情にいまひとつ説得力を感じないものの、ストーリー的には山場を迎えて盛り上がってます。ここへ来て動いた生徒会長の真意(まだ裏があるかもしれませんが)や、分かりやすい悪役として登場した観神楽の存在、目的がハッキリしない山上桔梗の存在など、話のスケールが無駄に大きくなっている気がしないでもないですけど。や、天馬グループを始めとする企業間のごたごたまで話が広がると、さすがにやりすぎな感もあるけど、決着はこれまでも上手くまとめてくれていたので、そこは期待したいと思います。
 とりあえず前向きにブチ切れた幸広の次巻の活躍が楽しみ。開き直っただけに大暴れして欲しいなあ。

 ところで、今回の表紙は小夏センセイ……なのか?


・シリーズ感想
学校の階段

Posted on 2007/10/07 Sun. 00:48 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/606-c29c4b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top