07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・つー(新井輝)

2007.08.12 23:21|感想
ROOM NO.1301―しょーとすとーりーず・つー (富士見ミステリー文庫)ROOM NO.1301―しょーとすとーりーず・つー (富士見ミステリー文庫)
(2006/03)
新井 輝

商品詳細を見る

 口絵一枚目から狙ってるなあ。どこのエロ小説ですかい、これは(笑
 今回は痴漢プレイに暗闇プレイ、プールで視姦とエロ増強、というか読者サービス多めでどれも妙に趣味的なのが面白いところ。っても直接的な描写があるわけじゃないからそれほど過激ってわけじゃないけどね。あとは綾さんはどこまで積極的なんだ、ということが改めて分かります。
 サラっと読める短編集なのは「わん」と同じですが、本編の伏線張り&伏線回収も行われていて侮れないのも同様。外伝だけどちゃんと読ませる内容になっていて、相変わらず良い仕事してますね。書き下ろしの『私と冴子ちゃんと趣味のお仕事』はこれまでにない雰囲気と窪塚母のキャラがやたら面白くてお気に入りです。こんな喫茶店が近所に欲しいですねぇ(笑



・シリーズ感想
ROOM NO.1301

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学