箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■キララ、探偵す(竹本健治)  

キララ、探偵す。キララ、探偵す。
(2007/01/27)
竹本 健治

商品詳細を見る

 試作機のメイドロボのモニターに選ばれた大学生の主人公が、身内の探偵さんや友達たちとわいわいやりながらちょっとした事件を解決していく、というミステリー。ちょっとした、といっても殺人やら誘拐やら、メイドロボが探偵役というアホっぽい設定ながらシリアスな事件は起きています。ま、それでもドジっ娘メイドロボの萌え要素とか、セクサロイドの夜のお世話で微妙にエロだったり(しかもS)と、内容的にはあくまで軽め。謎解きで楽しもう、って内容ではないですな。っていうか、夜のお世話でSメイドがM主人公に容赦ない攻め、とかピンポイントにエロいです(笑)。それだけに、著者が竹本健治で文藝春秋に連載されてた、という事実に驚いてしまうのですが(笑)。

Posted on 2007/08/21 Tue. 21:50 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/594-39fbb115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top