07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■平井骸惚此中ニ有リ 其参(田代裕彦)

2004.10.14 19:24|感想
平井骸惚此中ニ有リ〈其3〉 (富士見ミステリー文庫)平井骸惚此中ニ有リ〈其3〉 (富士見ミステリー文庫)
(2004/10)
田代 裕彦

商品詳細を見る

 個人的に続きが楽しみで仕方ないシリーズの中の一つがこれ。今回も富士ミスらしくなく、ミステリーしてます。
 今回は誘拐事件とその容疑を掛けられた幼馴染を助けるべく河上くんが奮闘する、というお話。相変わらず話の筋も事件の仕掛けもなかなか上手く練られていて、このレーベルで考えれば十分過ぎるくらい。といっても、まあ犯人自体はすぐ分かっちゃうんですけど、それでも真相までに至る骸惚先生と河上くんのやり取りなどがまた一難一癖あって飽きさせず、面白く読ませてくれます。つか、どんどん上手くなっているとい気がしますね。このままあまり派手になり過ぎず、地味に続けていって欲しいなぁ。
 で、ただ真っ当(?)にミステリーしているから面白いというわけでもなく、キャラクターの描きかたもまた上手。今回は妹キャラの發子嬢が前二作以上にその可愛さを振りまいていましたが、やはり本命、正統派ツンデレキャラである涼嬢の嫉妬照れパワーは(今回はまた特に)凄まじく、もうニヤニヤしっぱなし。特にあの変装イラストが可愛いのなんの。この辺、キャラ萌え小説としてもかなり読めるようになってきましたよねぇ。次も楽しみ。


・シリーズ感想
平井骸惚此中ニ有リ

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント