箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■薔薇のマリア Ver.2 この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた(十文字青)   

薔薇のマリア〈Ver2〉この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた (角川スニーカー文庫)薔薇のマリア〈Ver2〉この歌よ届けとばかりに僕らは歌っていた (角川スニーカー文庫)
(2007/02/01)
十文字 青

商品詳細を見る

 これまでの外伝シリーズは、外伝でも一本のお話でまとめられていましたが、今回はZOOのメンバー、トマトクンとトワニングにジョーカーたち、ピンパーネル、カタリ、そしてマリアローズといった面々のそれぞれの過去にスポットと当てた短編集。ずっしりと心に重たい話からニヤリとさせる話に、切ない話と全話なかなか楽しませてくれました。
 特にピンパーネルのアサシン時代を描いた「月下砂海夜曲」はこれまでにないエロスと愛憎渦巻くドロドロっぷりでずっしりと来たねえ。ZOOメンバーは誰もが酷い過去を持ってるけど、ピンプの過去は想像以上にバイオレンスだったよ。
 逆にカタリのとある恋を描く「男が背中で歌うブルーズ」は題名そのまんまで笑わせてもらった。ホント良いヤツですよカタリは、っていうか漢だな!(笑) 結局100万は渡してしまったんだよねぇ。カタリはサンランドの良心だろ、ホントに(笑)。
 マリアローズが子爵から開放された直後に知り合った、魔術師ヴィンセントとの関わりを描く「小さな恋と裏切りのエレジー」。これは小さな恋、とあるように確かに恋物語でしたね。ラスト、強がりながらヴィンセントを拒絶するマリアが悲しく、切ない。
 いまだに本編では謎多き男、リーダー・トマトクンの一面を描いた「賢者が愚者に捧ぐダージュ」は、内容はともかくやっぱりトマトクンの正体は謎のまま。意外な一面を見ることができたというのはるけど、過去と現在がどう繋がってくるのか、その辺がさっぱり分からないのよね。やたらとモテモテ、ってのだけは分かるんだけど(笑)。

 そんな感じで、割合的には重い話が多いんですが、最後にZOOメンバーで鍋を囲んでいるシーンでマリアの本音がちょっと漏れたりして、ああやっぱり仲間っていいなぁ、というところに落ち着いて締め。ここのイラスト見ると、彼らに幸あれって思わずにはいられませんな。


-PS-
 触視を持つヴィンセントが、マリアを触った上でずっと女と思い込み、男とと知らされて驚いていたのは、そういうことなんじゃないのー? ってか、ヴィンセント本編に再登場してくるの希望です(笑)。


・シリーズ感想
薔薇のマリア

Posted on 2008/02/12 Tue. 14:57 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/576-0444697d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top