箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■護くんに女神の祝福を! 11(岩田洋季)  

護くんに女神の祝福を! 11 (11) (電撃文庫 い 5-19)護くんに女神の祝福を! 11 (11) (電撃文庫 い 5-19)
(2007/03)
岩田 洋季

商品詳細を見る

 次回が最終巻ということで、役者が揃い最後の舞台も整った、って感じの11巻でした。
 今回は護の頑張りが微笑ましくもあり頼もしくもあり、その成長っぷりが素直に胸を打つストーリーでしたねぇ。ビアトリス能力を封印され、弱気になる絢子の前に颯爽と登場した陰険メガネに、一歩も引かない護の姿がなんとカッコイイことか(笑)。
 ラストのびっくり展開は、間奏タイトルとアド・アストラの少女の描写を読んでなんとなく予想はついたんだけど、あそこまで直球とは思わず吹いたw これで最終巻のラスボス役があっさりひっくり返ったなぁ。いや、最後どうなるか、これは非常に楽しみです。



・シリーズ感想
護くんに女神の祝福を!

Posted on 2007/06/05 Tue. 20:26 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/569-ff85a886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top