箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■ROOM NO.1301 #3 同居人はロマンティック?(新井輝)  

ROOM NO.1301〈3〉同居人はロマンティック? (富士見ミステリー文庫)ROOM NO.1301〈3〉同居人はロマンティック? (富士見ミステリー文庫)
(2004/09)
新井 輝

商品詳細を見る

 冴子との関係はそのままに千夜子ともちょっといい関係になってきた健一くんに、今回はまたラストでホタルの爆弾発言。いやー、人間関係がドロドロ――とまではいかないけど複雑になってきたなあ。特にラストのホタルについては、前巻の綾とのエピソードがしっかり活きているのが上手すぎますぜ。窪塚姉妹や静流などまだまだ引っ掻き回す要因は多そうだし、健一を取り巻く状況はさらにここからが本番って感じなのだろうか。人間関係の微妙な伏線の張り方を見ていると、確かにミステリーな展開だと思えなくもないよね、これ。プロローグである程度の結果を予想させはするんだけど、一体どういうオチに向かって進むのか、まったく予想がつきません。

 しっかし、健一はフツウなら頭を抱えたくなるような状況に置かれているにもかかわらずそれをあまり深刻な悩みとして考えずに良い思いをしているのが許せないねw


・シリーズ感想
ROOM NO.1301

Posted on 2007/08/06 Mon. 23:10 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/551-4d0c1085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top