箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■護くんに女神の祝福を! 10(岩田洋季)  

護くんに女神の祝福を! 10 (10) (電撃文庫 い 5-18)護くんに女神の祝福を! 10 (10) (電撃文庫 い 5-18)
(2007/01/06)
岩田 洋季

商品詳細を見る

 パラオから帰った後の1エピソードとして、護と綾子のすれ違いからくるちょっとした喧嘩から最終エピソード前に二人の絆を再確認。さらにエメレンツァとの関係も一応の決着を着け、残り2巻というシリーズにもいよいよ終わりが見えてきた、という感じですな。ラブコメ的にはエメ関係のエピソードが最後の大盛り上がりといった感じでしたが、護×綾子というとちょっと薄目だったかかもしれませんが。しかしそれでも綾子さんは本当に護デレデレだなぁ、ということがこれでもかと分かるようなエピソードは満載で楽しませてもらいましたけどね(笑)。
 エメに関しては、振られてしまうというのは仕方ないとはいえ良い決着でしたね。吹っ切れたぶん、次巻以降は生徒会メンバーとして思う存分弄る側に回るんだろうなぁ。それはそれで楽しみな展開ですな。
 生徒会メンバーといえば、今回は汐音と美月がそれぞれ良い役やってましたね。汐音はちょっとやりすぎだろー、と思わなくもなかったけど(笑)、結局綾子に振り回されてる様子が面白かったね。



・シリーズ感想
護くんに女神の祝福を!

Posted on 2007/03/05 Mon. 00:12 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/546-dcfd0796
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top