09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■戦闘城塞マスラヲ vol.1 負け犬にウイルス(林トモアキ)

2007.01.31 00:08|感想
戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス (スニーカー文庫)戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス (スニーカー文庫)
(2006/10/31)
林 トモアキ

商品詳細を見る

 引きこもりの少年とコンピュータウィルスの妖精、ウィル子の二人が「聖魔杯」と呼ばれるバトルロイヤルな大会になんだか良く分からないうちに参加することになり、運とハッタリで勝ち進んでいく? といった感じのお話。
 いやー、お話のノリとしてはかなりバカバカしく、それだけでも十分に笑わせてくれるのですが、「聖魔杯」という戦いの舞台の、人を殺してはいけないや、勝負事なら何でもOKといったルールを上手使って、ただの一般人の主人公が何とかかんとか勝ち進んでいく様子が実に爽快で面白い。これは戦いのルール設定が絶妙ですね。主人公は特に大した能力もないのに、周りは歴戦の強者ぞろいという中で、どう戦って行くのか、いろんな意味で先の展開が読めない対決シーンがこれから大いに楽しみであり見物です。

 あと、あとがきを読むとこのシリーズは、正確には作者さんの別シリーズの続編にもあたる作品だとか。そっちを先に読まないと内容が掴めない、という程の繋がりは今のところ無いように思えるので問題はないのですが、ちょっと気になるところではありますな…。

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もうこれはバトルじゃないよね【戦闘城塞マスラヲ】

[http://www.bk1.co.jp/product/2723135/p-holyknight1146 戦闘城塞マスラヲ]時間軸的に『お・り・が・み』シリーズの続編にあたる今作。ひきこもりが人型ウイルスと共に、世界を賭けた武闘大会に出るというお話ですが。'''や、まぁ前作があれだけ面白かったん