箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■魔法鍵師カルナの冒険 3 《流転の粉》(月見草平)  

魔法鍵師カルナの冒険 (3) (MF文庫J)魔法鍵師カルナの冒険 (3) (MF文庫J)
(2005/12/22)
月見 草平

商品詳細を見る

 鍵開けファンタジー第3弾。今回はミラの学生時代の後輩ヴェルナが登場。本格的にエクセラを追うことになったミラが手がかりとして発見した「流転の粉」をヴェルナと一緒に探すことに…、というお話。
 今回、話の展開やオチはちょっと簡単にコトが進みすぎの印象があったかな。や、鍵師が泥棒になる、というのはありそうな話として面白かったけど。一生懸命ミラとヴェルナを止めようとしつつ、結局最後は押し切られてしまうカルナが微笑ましすぎた。ホントにこの娘は良い娘やね(笑)。本筋はけっこうシリアスな話になってきていますが、暖かい雰囲気を絶やさない元気なカルナの姿や、ミラとの”愛のあふれる”師弟関係を丁寧に描写して、安心して読めるのがとても嬉しい。
 次で完結。今回ちょこちょこと挿入された(おそらく)エクセラの日記の内容の黒さにビクビクしつつ、どういう決着が付くのか非常に楽しみ。


・シリーズ感想
魔法鍵師カルナの冒険

Posted on 2006/12/04 Mon. 00:34 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/523-feae2d32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top