09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■銃姫 7 ~No more Rain~(高殿円)

2006.10.19 15:01|感想
銃姫〈7〉No more Rain (MF文庫J)銃姫〈7〉No more Rain (MF文庫J)
(2006/06)
高殿 円

商品詳細を見る
 シリーズも最終局面を迎え、さすがに盛り上がってきた感じです。最後の決戦を前にこれまでの登場人物が集まってきたり、銃姫の謎を解明するための重要な伏線が描かれたり、一気に物語が収束してきて、展開的にはまだまだ終わりの始まり、といったところですが中身の濃い内容でした。
 またここへ来て新たに登場した新キャラ、ジュディットが良いキャラしてる。なんかもう、悲しい悪役を運命付けられたようなキャラだけど、こういう人は大好きです。チャンドラースとの回想で初登場とは思えない存在感を与えてくれましたが、この辺のキャラ立ての上手さはさすがです(アラベスカといいシエラといい)。
 あとは今回のラストで衝撃の展開を迎えてしまったエルウィング。前巻から妙に大人しいと思ったら見えないところでしっかり”活躍”していたようで。砂漠の怪物、ってもうやりたい放題だなお姉ちゃん(笑)。彼女も含め各キャラの動向の末にどんな決着が着くのか、ストーリーのテンションも上がってきて面白くなってきましたよ。

 それにしても今回の表紙の二人は誰かと思いましたが、まさかあの二人だったとはね。や、けっこうな衝撃でした。挿絵のほうの破壊力も並じゃなかったし(笑)。


・シリーズ感想
銃姫

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学