09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■とらドラ2!(竹宮ゆゆこ)

2006.09.12 00:17|感想
とらドラ2! (電撃文庫)とらドラ2! (電撃文庫)
(2006/05/25)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

 キャラの掛け合いが素晴らしいよね。
 ストーリー的にはほんとになんて事はない学園コメディなんだけど(今回はラブ少なめ)、このテンポの良さは異常というかなんというか。自己主張の激しいキャラばっかりなのに、それぞれが互いの魅力を引き出しあって、面白さが成り立っているのが非常に良いです。キャラクター全員でドラマを作ってる雰囲気が大好き。個人的に大河の可愛さは別格としても、キャラクターのポジション的には実乃梨の天然ボケボケ具合が美味しすぎて惚れてしまいます(笑)。

 新キャラの川嶋亜美は登場時こそ大河たちの間で波乱を撒き散らす系のキャラかと思いきや、意外な方向へ話は転がっていった感じ。次巻への引きを見る限り、次こそラブコメとしての本領が発揮されるのかな。

 あと、変なヤツラばかりというこの作品の女性陣ですが、今回挿絵の使い方がまた絶妙だったな、と思いましたね。×マークのみのりん、目を吊り上げて怒りを顕にする大河、キレて突進する亜美、という三枚の挿絵が実にストレートに三人を表現していてお見事だったなぁ、と。


・シリーズ感想
とらドラ

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント