09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■紅 ~ギロチン~(片山憲太郎)

2006.08.22 00:57|感想
紅―ギロチン (集英社スーパーダッシュ文庫)紅―ギロチン (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2006/07)
片山 憲太郎

商品詳細を見る

 これぞ片山節というかなんというか、相変わらずネガティブな話になると重いなー、という感じで『紅』二巻は真九郎の自分探しと就職活動に苦しむ話<違う

 相変わらず面白い。事件的な面白さやラブコメ具合では1巻に劣るけど、今回は真九郎をメインにキャラの掘り下げを行い、シリーズとして次への良い溜めになってたかな、と。個人的にはもう少し単純明快なアクションものでぐいぐいやってくれても良かったんじゃないかと思うんですけどもね…。主人公のパワーアップの源が源だけに、アクション+ラブコメで十分美味しく頂ける作品なので。

 っていうか、この作品の女性陣は(お約束キャラとはいえ)魅力的すぎてたまらんなー。この辺りの作者の魅せる技には感服します。積極的にアタックしまくる夕乃さんのなんと微笑ましくことよ。メガネでラーメン屋ウェイトレスも勤める銀子も素晴らしい(個人的には狙うなら彼女)。密かに本命候補だったリン女史については非常に残念な結果でしたが…。

 とりあえず今回の事件でまた一皮剥けたロリコン真九郎くんですが、紫との進展も良好で続きも楽しみだ。
 愛の話、今後も期待大。


・シリーズ感想

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どう考えても主人公はバケモノです。【紅~ギロチン~】

ホントはバッカーノ!とか読み終わってから書くつもりだったけど、まだ読み終わってないので。[http://www.bk1.co.jp/product/2697228 紅~ギロチン~]おそらく下の文章を読むと勘違いされてしまうので、はじめに言っておきます。'''爽快なストーリー、愉快なキ