箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■護くんに女神の祝福を! 8(岩田洋季)  

護くんに女神の祝福を!〈8〉 (電撃文庫)護くんに女神の祝福を!〈8〉 (電撃文庫)
(2006/06)
岩田 洋季

商品詳細を見る
 新メンバーの生徒会の親睦を深めるための南国旅行。ワイワイガヤガヤとお気楽なラブコメ話になるかと思いきや恋愛模様に関しては意外なほどシリアスな展開を持ってきましたね、今回。うーん、エメと竜をここまで話を引っ張る、というか、本筋に絡めた重要エピソードにしてくるとは予想外だったかも。綾子と護の関係はもはや揺ぎ無いですが、こういう揺さぶり方はなかなか切ないです。私的には摩耶の想いなんかがけっこうグサグサ、と。やっぱり(元)生徒会長はカッコエエよ(笑

 恋愛模様だけではなく、ビアトリス関係の事件もいろいろと大きく動き出すようで。すっかり忘れていたけど《原初への帰還》計画とか、非常にキナ臭さが漂ってきて良い感じ。ラブコメも良いんだけど、こっちも派手にやって欲しいな、と。

 あと今回は挿絵、特にカバーの塗りが丁寧で綺麗ですね。水着ってことで佐藤氏がんばったんだろうか(笑)。あとがきによると漫画も連載されているそうですけど、P32やP54の挿絵を見てると確かに漫画に合いそうな感じがしますね。ちょっと読んでみたいなぁ。


・シリーズ感想
護くんに女神の祝福を

Posted on 2006/06/22 Thu. 00:23 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/477-0d4c2600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top