箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■春待ちの姫君たち(友桐夏)  

春待ちの姫君たち―リリカル・ミステリー (コバルト文庫)春待ちの姫君たち―リリカル・ミステリー (コバルト文庫)
(2005/11)
友桐 夏

商品詳細を見る

 リリカル・ミステリーと銘打たれた女子学園を舞台にしたちょっと切ない青春ミステリ。リリカルがどの辺りを指しているのかはちょっと判断に困るけど、ラノベらしいミステリとしても、少女たちの青春物語としても、久しぶりに絶賛したくなるような素敵な作品でした。
 使用されたトリックについてはコテコテで、しかも物語の第一幕で答えが明かされているようなものなんだけど、それ故に二幕から三幕にかけての展開は予想できず、先を読ませない。そして作者の意図通りに騙されてしまうラストの展開。演劇という要素を伏線に計算されて演出される最後の幕引きと締めはもう見事と言うしかなく。唸らされました。多少、展開に突拍子も無い部分が無いわけじゃないんですが、それでも良い意味で読み手の斜め上を行くストーリーの面白さが輝いてます。

 またミステリとしてだけでなく、キャラクターの描き方も秀逸。っていうか、この丁寧に描かれる感情や心情の描写こそがあって成り立つトリックと構成なんですよね。哀しくも強い少女たちの姿に、ラストは素直に感動してしまいました。非常に完成度の高い学園青春ものだったと思います。素晴らしい。


・シリーズ感想
リリカル・ミステリー

Posted on 2006/03/30 Thu. 00:05 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/444-3d70d09e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top