07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■走って帰ろう!(加藤聡)

2006.04.03 00:23|感想
走って帰ろう! (ファミ通文庫)走って帰ろう! (ファミ通文庫)
(2006/01)
加藤 聡

商品詳細を見る

 自転車での賭けレースを舞台にした青春スポ根もの。あ、賭けレースだからスポーツじゃねぇや(笑)。

 自転車レースというちょっと変わった題材に期待して読みましたが、それ以外の部分でもいろいろと楽しませてくれ私的には満足な出来。
 とんでもない額の借金を背負いながも、割と能天気なままの主人公が(いくらなんでも現実味に欠ける部分もあるんですが)レースを通じてしっかり自己主張している姿がなかなか面白くカッコよかったです。クール、というのとは違うんですが(むしろ熱血かなぁ)、こうストーレートにやる時にやってカッコ良いタイプの主人公って最近なかなか見なかったですから。
 一人称ということで、その主人公の性格から全体的に淡々とした感じなんですが、レースの見せ場はしっかり描かれているので途中で飽きるようなこともないですし、適度な緊張感も○。レースの展開がしっかりしているから当然のように先へ先へと読み進めたくなるんですよね。単純に結果がどうなるか知りたいから。
 真っ当ではないけれど、どこか人情味溢れるほかのレーサーたちのやり取りも、軽妙な言動の中にも譲れないシリアスさもあったりして、描写自体は薄めだけど物語の中でしっかり活きてました。また主人にはちょっとした恋愛フラグも立たせていますが、必要以上にそっち方面へ話が流れなかったのは正解。なにせ間に立ちはだかる借金問題がリアルだからね(笑)。それだけに最後の逆転は意表を付かれました。まさにやられた、という感じであんなに綺麗にまとめるとは。ちょっと青春風味で何故かニヤリとさせてくれる気持ちのよいラスト。多少強引な部分もありますが、細かいところは気にさせない十分な面白さがありました。

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント