箱庭●弐 感想その他

- アニメ・ゲーム・ラノベの感想を主につらつらと -

■世界のキズナ 1 混沌な世界に浮かぶ月(有澤透世)  

世界のキズナ(1) 混沌な世界に浮かぶ月 (角川スニーカー文庫)世界のキズナ(1) 混沌な世界に浮かぶ月 (角川スニーカー文庫)
(2005/09/30)
有澤 透世

商品詳細を見る

 並行世界が絡み合い、SFもファンタジーもなんでも有りの混沌であることが普通である世界で繰り広げられるボーイミーツガールもの。話の内容そのものは割と普通でしたけど、オカシなキャラクターたちやちょっと変わった並行世界と世界設定など、なかなか楽しめました。特に並行世界の破壊と宇宙の再生を目論む、なんて黒幕の正体なんかはハッタリの効かせ具合がなかなかツボで面白かったな、と。また『世界のキズナ』というタイトルの意味をラストできちんと感じさせてくれる作りになっていたのも良かったですね。ただ、それだけに終盤の展開が些か駆け足気味になって盛り上がりに欠けてしまったのがちょっと悔やまれますが。

 面白いかどうかは人によって紙一重な感もありますが、ちょっと軽めのSFファンタジーなボーイミーツガールとしてはなかなか良かったなんじゃないかと。並行世界とか時空混在現象とか、そういう単語が好きで、ちょっとフザケたドタバタノリがOKならば楽しめるかと思います。

 どうでもいいけど、クールだけど実は……な神岡啓子がツボ。バスターミサイル!なイラストに吹いたww

Posted on 2006/03/01 Wed. 23:20 [edit]

category: 感想

thread: ライトノベル - janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hakoniwa2.blog2.fc2.com/tb.php/423-b2b0ffe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Twitter...

プロフィール

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

カウンター

QRコード


▲Page top