07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter...

プロフィール

ksk

◆書いてる人:ksk

◆TOPページは
    こちらです

ブログ内検索

カテゴリー

月別(表示数指定)

リンク

応援中

『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』
『巽悠衣子の「下も向いて歩こう\(^o^)/」』

カウンター

QRコード

QR

■ルナティック・ムーン III(藤原祐)

2006.01.10 16:51|感想
ルナティック・ムーン〈3〉 (電撃文庫) ルナティック・ムーン〈3〉 (電撃文庫)
藤原 祐 (2004/05)
メディアワークス
この商品の詳細を見る

 表紙に幼女、口絵にネコ耳娘と、イラストで可愛さをアピールしたって中身はやっぱりルナティック・ムーン。今回も血反吐吐きまくりで人死にまくり。名前の無いキャラはそれこそゴミのよう(笑)。
 まーそれはともかく、1,2巻で感じた微妙さも、今回でだいぶ持ち直した感じ。とりえずルナとシオンの関係をぐっと近づけて描いてくれたことが嬉しいね。や、シオンの過去はなかなか強烈で容赦なかったけど、こうして彼女の過去を掘り下げて描いたことによってキャラの輪郭がハッキリして、これだけでもかなりストーリー全体が締まった感じ。っていうか、私的にはこれまでほとんど無かった二人の本当にちょっとした日常のやり取りを見れただけでも良かったな、と。合流の際のシーンや食事のシーンなどのシオンの感情変化を見ると、ますますこれからの展開に期待が持てるというもの。また、二人の距離が縮まったおかげで、ラストの戦闘シーンも今まで上に二人のコンビネーション炸裂で燃えること燃えること。こうやって、徐々に絆を深めてそれを力に変えてお互い前に前に進んで行く、って関係の主人公とヒロインはやっぱりいいなぁ。それも二人とも悲惨な過去を持っているだけに応援したくなる気持ち倍増で。
 『エデン』とそれに敵対する組織『フルブルー』の登場、そして稀存種に関連するメインのストーリーについては、役者と舞台が揃ってきたという感じで徐々に盛り上がってきましたね。相変わらず妙に含みを持たせる言動をする方々が多いので、これからどう転んでいくのかまだまだ分からない部分はありますけど、向かう方向は見えてきたので、続きが楽しみになってきた。
(でも、あと二巻で決着を付けるとなると量的に大丈夫か? という不安も少々……)


・シリーズ感想
ルナティック・ムーン

テーマ:ライトノベル
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント